インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

ほがらかなおしゃべりが絶えない、アットホームな歯科医院です

当院は分かりやすい説明と丁寧な治療をすることに加え、清潔で居心地いい治療空間を作ることを心がけています。そして患者さまはもちろん、ご家族にも喜んでいただけるよう、スタッフ一同日々精進しております。
診療はアットホームな雰囲気で、患者さまとたくさんお話しをしながら進めていきます。お口のことでお悩みの患者さまやご家族の方は、どうぞお気軽にご相談ください。

鈴木歯科医院にまだかかったことのない方向けに「こんな特徴があります。」や「こういった雰囲気です」など知ってほしいことについてお聞かせ下さい。

クラウン・ブリッジ・親知らずの抜歯・麻酔処置において知識を蓄え、技術を磨いてきた院長が診療にあたります。
たくさん話をする、明るい雰囲気の歯科医院だと思います。患者さまの緊張を和らげるために治療中にもたくさん話しかけるようにしており、患者さまが相談しやすい雰囲気を作ることを意識しています。疑問に思ったことやご要望など、どうぞお気軽にお話しください。

治療時の痛みを軽減するために工夫していることはありますか?

大学病院では歯科麻酔科にいましたので、そこで得た知識と技術を通して、痛みを軽減していきます。当院では笑気麻酔や表面麻酔をしなくても、痛みを抑えられるように工夫しています。
コミュニケーションを交わすことで患者さまの緊張を和らげることも、痛みを軽減するためのもう一つのポイントと言えるでしょう。歯科恐怖症だとおっしゃっていた患者さまでも、楽しくお話しをしながら麻酔や治療を受けることで乗り越えられたことがありました。基本に忠実に、丁寧に診療をさせていただきますので、あまり構えずにお越しいただければと思います。

親知らずを抜いた方がよいと聞いたことがあります。抜かないといけないのでしょうか?

患者さまの親知らずの状態によって、抜いた方がよい歯とそうでない歯があります。ブラッシングがしっかり行き届いていたり、噛む機能として役立っていたりするのであれば、抜かなくてもよいですし、歯ぐきが一度腫れただけであれば、様子を見てもいいでしょう。抜く必要に迫られていない歯については、患者さまと相談してどうするかを決めていきます。
逆に親知らず自体が虫歯になって手前の歯に影響していたり、何度も歯ぐきが腫れたりしている場合は、抜くことをおすすめしています。ブラッシングができていないと、後々虫歯になるかもしれませんし、そうなってからでは歯が割れやすくなってしまうので、抜くのが大変になります。こうしたリスクも合わせてご説明させていただきますので、まずはご自身の歯がどのような状態にあるのかチェックを受けるためにも、ぜひご相談ください。

入れ歯を長持ちさせる方法はありますか?

歯科医院での定期的なメンテナンスと、ご自宅でのケアの両方が、入れ歯を長持ちさせるコツです。
入れ歯を日々出し入れするうち、バネが曲がってきたり全体がゆるんできたりすることがあるでしょう。そんな場合は修理にお持ちください。ゆるいまま使っていると、噛んだ拍子にもっと曲がってしまってお口に入らなくなる恐れがあります。入れ歯の汚れをクリーニングするためにも、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けていただければと思います。
ご自宅でのお手入れで、プラスチック部分を歯ブラシで磨く際は、あまり強くこすると傷んでしまいますので注意が必要です。入れ歯を保管するときは、濡れたティッシュに包んでケースに入れるのがよいでしょう。乾燥していると割れやすくなり、水につけておくと、汚れが残っていた場合に水と一緒に吸い込んでしまい、嫌なにおいが発生することもあるからです。
入れ歯のお手入れ方法を書いた紙をお渡ししますので、長持ちさせるためにもお役立ていただければと思います。

衛生管理の取り組みを教えてください。

院内感染を防ぐため、衛生管理は大切です。当院では、歯を削るタービンは高圧蒸気滅菌器で滅菌し、患者さまごとに交換して使用します。また、麻酔に使う注射針や患者さまが使うコップ、エプロンはすべて使い捨てにしています。